スッキリ

コエンザイムQ10サプリの製造方法

コエンザイムは、化粧品や健康食品などに使われることの多い物質です。
もともと身体の中に存在している物質で、私たちのエネルギー源として大きな役割を果たします。

そんなコエンザイムQ10ですが、性質を安定させることが難しいという特性を持っています。
さらに、吸収率も低いという性質があるために、きちんと摂取しなければ意味がありません。
そのため、サプリメントや化粧品などを見て、「コエンザイムQ10配合」と書かれているからと言って、必ずしもそれが自分にとって最適なものとは限りません。
そのサプリメント自体に、あまりコエンザイムQ10の成分があまり含まれていない可能性があるのです。
商品を購入する際には、必ずしっかりと、含有量を把握したうえで選ぶようにしましょう。

コエンザイムQ10はさまざまな方法により生成されています。
なかでも多く取り入れられているのが「合成法」や「発酵法」と呼ばれる方法です。
合成法とは、タバコ由来の成分を原料にして、還元型のコエンザイムQ10を作るという方法です。
こちらの方法は、低コストで精製がしやすいというメリットがあるため、多く取り入れられています。
ただし、その分、高い品質を誇る製品を作るのが難しいというのが特徴です。
リーズナブルな料金で販売されている商品の場合には、こちらの合成法を取り入れて生成されている可能性が高いでしょう。
一方で発酵法とは、微生物によって生成されるもので、天然として存在する、トランス型のみを得ることができる方法です。
より自然に近い形なので純度が高いのが特徴です。
合成法のものに比べてお値段は高くなってしまいますが、より純度が高いコエンザイムQ10を利用したいという方は、こちらの発酵法を取り入れた商品を選ぶと良いでしょう。

このように、コエンザイムQ10は、作り方によって純度が異なります。
サプリメントを選ぶ際には、よりその効果を十分に得るためにも、できるだけ含有量の高い商品を選ぶようにしましょう。
気になるコエンザイムの副作用についてもしっかりと知っておきましょう。